カテゴリ:萠窯( 8 )

枕を変えたら・・

ここの所 首と肩のこりが 酷くて・・ 
レイチェルとの散歩時、リードを持たない方の腕を
グルグルグルグル、回しています。

人に目撃されたら 恥ずかしいゾ!!
おまけに 時々 出てきたお腹をプニプニ、つまんだりもしてるし・・(笑)
(つまみ出し痩身法のつもり)


首、肩こりは 枕を変えたせいなのかな?

結構 いいお値段したんだけれど・・・
その枕、4パーツに分かれていて 「 それぞれに絶妙なバランスで 中身が入っているので中身を減らして高さを変えない様にして下さい。」 と指導されました。

でも もっと低くしないと 首がこるばかりと思い、ザクザク減らしました。^^;

さあ これが 吉とでるか凶とでるか・・


c0204333_083324.jpg


オンラインショップ♪
http://bb-izumi.com  → こちら
by bb-utuwa-shop | 2014-11-10 22:54 | 萠窯 | Comments(0)

萠窯 レンゲ豆皿

遠藤文香著 「 豆皿のある暮らし 」 
表紙にも 萠窯さんのレンゲ豆皿が載っています。

c0204333_23273426.jpg


豆皿は 可愛らしさが魅力。
又 食卓のアクセントにもなりますし 求めやすい価格帯と言う事も魅力です。

萠窯は ご主人の靖さんが成形をされ
奥様の智恵さんが絵付けをされています。
成形も絵付けも見事です。縁起の良い桃が描かれています。

c0204333_23195691.jpg


     萠窯 レンゲ → ここをクリック
by bb-utuwa-shop | 2014-10-02 23:18 | 萠窯 | Comments(0)

萠窯 鹿の角皿  

急に涼しくなったせいでしょうか、風邪をひきました。
少し咳がでます。

鬼のカクラン?!
いやいや、カクランって 日射病の事らしいですから
カクランでは ありませんけれど・・( 鬼を否定しなくてはいけない処!!)


 ↓ こちらは 鹿文の角皿・・鹿のカクラン?!ではなくって鹿のカクザラです。^^


c0204333_23243153.jpg

             絵が一枚、一枚違います。by萠窯さん


  http://bb-izumi.com
 → ここをクリック
by bb-utuwa-shop | 2014-09-04 23:22 | 萠窯 | Comments(0)

萠窯 色絵茶碗  

浪人、仮面浪人も選択肢として 進路に悩みに悩んでいた次女でしたが

キャンパスライフを楽しんでいる様です。

内心、決着はついていないと思いますが

模索しつつ、自分で自分の道を決めていくと思いますので 任せようと思っています。


今日からは友達と 西の方に旅行をしております。

静岡は雨降りですが 行った先も良いお天気ではない様ですが 
楽しんでいる様で 私も嬉しく感じています。


話は戻って 
悩んだ次女は ○○大学に進学したのですが
友達の弟、同級生の旦那さんが ○○大学出身で 

私の次女が進学を悩んだと知り
 「 なめんなよ、○○大学!!」  
と 言っていたそうです。(笑) ごめんなさい。^^


c0204333_2314963.jpg

    萠窯の色絵お茶碗 オンラインショップにupしています。

  http://bb-izumi.com
 → ここをクリック

今週の営業日は 31日(日)、1日(月)、2日(火)、3日(水) 12:00~17:00です。
お待ちしております。

by bb-utuwa-shop | 2014-09-01 22:56 | 萠窯 | Comments(0)

萠窯 小皿 レンゲ

夫が宮沢皮膚科デビューしました。

身体にできた小さなこぶ状の膨らみが気になり 悪性のものであっては困まりますので 
なんとか通院して貰いました。

カニは英語でキャンサー
カニの甲羅の固さから 癌をキャンサーと言う様になった。
又 癌のやまいだれの中の字は 昔の岩と言う字でもある。


溜めた新聞を読んでいるとその様な記事があり・・
こぶ状の膨らみは 固いものでなかったから 大丈夫だろう。

記事にも勇気づけられ 待っておりましたら・・ 笑顔で帰宅してくれました。

大丈夫でした。

宮沢先生は 即座に 「 ああ~、これと同じものが自分の耳もにあります。
切ってもいいけど 切ると痛いから 切らずにいますけど。」

とおっしゃたそうです。( 多分聞くだけで元気になれる、お元気な声で )

粉瘤腫と言うものだそうです。

人間はみな波乱万丈だそうですが 健康でいられるのは 本当に有難い事。
健康で平和で過ごしていたいですね。


そして 例によってですが 
午前10時前の待合室 次の様なやりとりが 窓口から聞こえてきたそうです。
「 この時間の受付ですと 診察は、夜の10時位になります。 」

今、夜の11時30分、 
宮沢先生、まだお仕事をされている可能性十分あります。^^;


c0204333_002733.jpg

           萠窯の小さなレンゲです。
  http://bb-izumi.com
 → ここをクリック

今週の営業日は 31日(日)、1日(月)、2日(火)、3日(水) 12:00~17:00です。
お待ちしております。





 
by bb-utuwa-shop | 2014-08-30 23:56 | 萠窯 | Comments(2)

金沢駅はこんな感じ  

萠窯さんを訪問した後は 一路 金沢へ
翌日は バスを使っての訪問となりますので
レンタカーを駅前で返し ( 乗り捨て契約 )
駅前のホテルへ

ホテルから見た金沢駅はこんな感じ。

c0204333_22592574.jpg


遠目からの金沢駅 (左側) ↑
駅前にはロータリーとなっているバス停が・・
金沢駅 近代的で カッコ良かったですよ。
外国の方も・・主に観光されている方だと思いますが
たっくさんいらっしゃいます。 


c0204333_2314415.jpg


門の向うが金沢駅。↑
門と 金沢駅との 関係は わからないまま。。^^


c0204333_234954.jpg


駅前にある デジタル時計 ↑
水の高さが噴水の様に上下する事によって時刻を表します。
文字盤は 時刻の合間に welcome とか kanazawaに変わります。


          萠窯さんの染付のご飯茶わん ↓

c0204333_2391140.jpg


            http://bb-izumi.com
 → ここをクリック


今週の営業日は 18日(月)、19日(火)、20日(水) 12:00~17:00です。
お待ちしております。
by bb-utuwa-shop | 2014-08-17 22:59 | 萠窯 | Comments(0)
ご報告が随分と遅れてしまいましたが
先々週 金沢に行って来ました。

車でと思いましたが いささか金沢は遠い為
家族の許可がおりず ( 心配になりますものね。)
新幹線と特急&レンタカーを使っての移動となりました。

米原からは しらさぎ と言う特急に乗りました。
しらさぎは 福井、金沢を経由して富山に行く電車。

地図の県の順番通り 海岸線に沿う様に 福井 金沢・・と北上していきます。


c0204333_2323029.jpg

               ↑ 加賀温泉駅前からパチリ

金沢の少し手前の加賀温泉駅で下車をして 須田青華さんの窯元へ。。 
こちらの窯元は 北大路魯山人が 九谷焼を学んだ場所としても有名です。

染付の青花から青華と命名させたようですが 染付だけでなく色絵も素晴らしく
器好き、垂涎の地です。


c0204333_2333137.jpg

              須田青華窯元 ( ネットから写真借用しました。)


実際、素晴らしい作品の数々・・しかし、初めてのショップとの取引はされて
いらっしゃらないとの事でした。
いずれは 須田青華窯の作品を取り扱いできる様になりたいものです。

そして 訪問のお約束をしていた萠窯に向いました。
萠窯さんは 竹内靖さんがろくろで成形されて 智恵さんが絵付けを
されていらっしゃいます。
才能溢れるお二人のコラボした器は 本当に素晴らしいですよ。


c0204333_2355492.jpg

               ろくろに向かう 竹内靖さん

c0204333_2364216.jpg

               より素敵な器を厳選させて頂きました。

端正なシェイプに さらさらと伸びやかな筆致で 必要な所に必要な物を
省略なく描かれています。

お話をしていると親切で楽しいお二人ですが
制作となると ご誠実に仕事に向き合われている事が お仕事からも伺い知る事ができます。


c0204333_2394434.jpg

          この様な小さな器にも松竹梅が 芸術的に描かれています。

            http://bb-izumi.com
 → ここをクリック


来週の営業日は 18日(月)、19日(火)、20日(水) 12:00~17:00です。
お待ちしております。
by bb-utuwa-shop | 2014-08-16 23:00 | 萠窯 | Comments(0)
c0204333_01309.jpg


友達の習字の展示会に訪問する前に DENビル 1階のBLUE BOOKS cafeに
寄りました。
こちらでは ご飯、お茶、お酒を頂きながら 本や雑誌をピックアップして
好きに楽しむ事ができます。
ツレのJちゃんに教えて貰ったお店なのですが 私も大いに気に入りました。

一人でご飯、お茶などには ホント 本だけに・・うってつけです。

哲学書 デザインもの 小説 雑誌・・様々あります。

そのcafeにあった1冊の絵本をご紹介します。


c0204333_015336.jpg


『 おおきな木 』 原作は The Giving Tree・・そのタイトル通り
仲良しの少年に 無償の愛を与え続けるりんごの木のお話です。

仲良しの少年と木は 一緒に過ごす時間を
とても 幸せに感じていました。 しかし 少年が青年、成人に加齢する中で 

木と過ごす時間は減り たまに会い行った時は お金が欲しい、家が欲しいと
りんごの木に無心するようになります。

りんごの木はその度に 自分のりんごの実や 自分の体を元少年の為に
喜んで差しだすのでした。。 



そして 絵本の内容だけでなく 感動を覚えたのは この絵本の帯に書かれていた
村上春樹さんのコメントでした。

親の愛を象徴するかの様なりんごの木・・その様な感想に普通はなりがちだと思うのですが

あなたはこの少年に似ているかもしれません。
そんな切り口から始ります・・

c0204333_022228.jpg


そして 村上春樹さんの書かれた あとがきも素晴らしいと感じました。
こちらが↓ あとがきの一部です。

この 「おおきな木」 を読まれるとおわかりになると思いますが 作者は決して子供に向
けてわかりやすい「お話」を書いているわけではありません。
物語は単純だし、やさしい言葉しか使われていませんが その内容は誰にでも簡単に
のみ込めるというものではありません。そこにはできあいの言葉では
すらりと説明することのできない、奥行きのある感情が込められています。
美しい感情があり、喜びがあり、希望の発芽があるのと同時に、救いのない悲しみがあり、苦い毒があり、静かなあきらめがあります。
それらはいわば、人間の心という硬貨の裏表になったものなのです。


c0204333_0495131.jpg

   萠窯さんのそば猪口 オンラインショップにUPしました。
            http://bb-izumi.com
 → ここをクリック
by bb-utuwa-shop | 2014-08-14 23:57 | 萠窯 | Comments(0)

そこにあるだけで・・使う度に・・幸せな気持ちになれる。


by bb-utuwa-shop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30