木曽志真雄  織部長皿 小皿

愛知県で 作陶されている木曽さんの長皿と小皿です。
c0204333_17334846.jpg

               30.5cm × 11cm        5775円 

        野の花のピンクが ハッとするほど お互いを引き立て美しいのですが 
          今日は 庭のレモンの葉と楓を置いてみました。これも合います。


c0204333_17341158.jpg

                 径 10.5cm           2100円

織部でも 木曽さんのグリーンは独特です。
釉薬のかかり方なのか 土の釉薬の吸収の程度の違いなのか
つやのある部分と つやが消えている部分が 一枚のお皿の中に混在し それが又 独特な雰囲気を醸し出しています。
織部はもともと古田織部と言う 茶人(千利休の高弟)でもある武士が確立したものです。
そう言われれば 木曽さんの 織部は 気骨、気品のある武士を連想させるものがあり、ご本人もその様な雰囲気を持ってらっしゃいます。
そして又 柔らかな雰囲気を持つ紳士でもあり 大学で教鞭をとってらっしゃる先生でもあります。

余り目にしないタイプの器ですので 敬遠される方もいらっしゃると思いますが
他の器とも 実によく調和する使い勝手のよい器です。

一枚使えば 木曽さんのファンになられる事を請け合えます。

料理研究家の 有元葉子さんも ご自身の本の中で 木曽さんの器を紹介されています。
c0204333_1842124.jpg
 
c0204333_1845777.jpg
by bb-utuwa-shop | 2009-12-17 17:35 | | Comments(0)

そこにあるだけで・・使う度に・・幸せな気持ちになれる。


by bb-utuwa-shop
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31