人気ブログランキング | 話題のタグを見る

丹沢裕子 酒器

今日は 風花が舞う寒い日となりました。
お店の開店時間は11時ですので その前に レイチェルの散歩を済ませます。

温暖な静岡ですから 雪は 大変珍しく・・ 折角の機会ですから 「寒風の中で 人は何を感じるのだろうか」 を検証しながら散歩してみました。(笑)

まず 耳が冷たくなる!
そのうちには 耳の間隔までなくなってきて・・ちぎれて落としてしまっているのでは・・と不安になり 手で触れてみて 耳がある事を確認したりする。。
丹沢裕子 酒器_c0204333_15361484.jpg

「この暖かそうな毛むくじゃらは 元気だな。」・・なんて 可愛いレイチェルを愛でながら 歩くうちに 酒屋さんの看板の『酒』なんて 言う文字を目にすると 急に 熱いお酒が飲みたくなる。。( 昼間ですので 飲みませんが・・。)

私が 大学生の頃は バブルの時代でしたので 世の中が 浮かれた感じで 大学は勉強のしめつけが余りなく(ちゃんとしていた人はもちろんいましたが。)

いたいげな 乙女達も 時代の趨勢もあり お酒の勉強は一通りして卒業をしていく・・(ひきつり笑) と言う感じでした。(一部の学生かもしれませんが・・ひきつり笑)

その中の乙女の一人は アルコール度数 50度のお酒を 美味しいと飲む程に成長し 今は ワインの良し悪しもわかる酒聖となっています。 かっこいい~!!。 
     ※ アルコール度数の高いほど お酒は美味しいらしいのですが 喉を通る時は
         特に熱く焼けただれる感じで 大抵の人は 50度は飲めません。


私自身は 余り強くはありませんが お酒は好きです。

もし お酒が体質に合えば 成人された若い方たちに お酒を美味しく感じていただけたら・・と思います。

家康公の 「人生は 重い荷物を背負って 高い山に 登るがごとし 」ではありませんが
悲しいかな 人生には苦しい時もありますから 楽しいことも沢山知って 楽しい豊かな人生にしてほしい。と心から思います。

       幸せが 一杯一杯!!ある人生でありますように。。


 〓寒風の中での検証の追記〓
    小声ながらも 口ずさむ歌は 「北風~♪ 小僧のかんたろう かんたろう~♪」 (笑)




丹沢裕子 酒器_c0204333_1551018.jpg

            とっくり 12600円   杯 5250円  片口は売り切れました
by bb-utuwa-shop | 2010-01-13 14:02 | 丹澤裕子

そこにあるだけで・・使う度に・・幸せな気持ちになれる。


by bb-utuwa-shop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30